知っておきたい着物の手入れの仕方

着物には、たくさんの種類があります。TPOに合わせた着物選びをするために、最低限覚えておいてほしい着物をいくつか紹介します。これらの着物は、昔から伝えられている冠婚葬祭や、年中行事の装いを参考にして、現代の生活に合わせて選ばれたものとなります。日本にはお正月や節分、ひな祭りといったさまざまな行事が存在しています。また、お宮参りや七五三といった着物を着る機会もあります。普段、着物を着ていない人もこのような行事の時に着物を着る方は多くいます。せっかくの日本の素敵な文化なので、たくさん着物を着ていただきたいですが、着物の種類によってはシーンを選ぶものがあるため、着物選びを間違えてしまうと、大変なことになってしまいます。フォーマルシーンやカジュアルシーンなど、その時その時のTPOに合わせて着物を着分けることは、とても大切なことなのです。

シーン別の着物の選び方を解説します

まず、既婚女性の第一礼装は黒留袖です。こちらは、結婚式などフォーマルな場所で着る着物となっています。黒留袖は裾に模様があしらわれており、比翼仕立てで5つ紋が入っています。模様は松竹梅や宝尽くしといったように、全体的におめでたい柄が多くなっています。長襦袢は白色で、帯は金銀などの袋帯や、丸帯を合わせると良いでしょう。次に色留袖ですが、5つ紋の色留袖は、黒留袖と同格となります。近年では、色留袖で結婚式に出席する親族の方が増えている様です。紋の数を1つ紋、もしくは3つ紋にすることも可能です。こちらも長襦袢は白色、紋の数によってはぼかしの物も可能です。帯は黒留袖と同様ですが、着物の色に合わせると良いでしょう。次に未婚の第一礼装である振袖です。こちらは袖丈が長く、とても華やかで格式が高い着物です。結婚式に招待された際や、成人式で着用します。帯は袋帯や丸帯を合わせるのが良いでしょう。

大切な着物を長持ちさせるのに大切なお手入れ方法

着物を着る日は特別な日が多く、着ている間は程よい緊張感に溢れ、着物を脱いだ時は心地良い疲れと共にホッと一息つきたい、そんな風に思う方は多いのではないでしょうか。しかし着物は脱いで終わりではなく、脱いだ後のお手入れもとても重要なのです。まず着物を脱いだ後は、襟や袖口、裾といった汚れが付きやすい場所を中心に、汚れや汗、しわがついていないかを念入りにチェックします。特に襟はファンデーションや汗が最も付きやすい場所となっています。汗や汚れを見付けたら、早めに対処することが重要です。着物に付いた汚れをそのままにしておくと、時間と共に汚れが取りづらくなり、また着物の素材である絹は水分や湿気を寄せ付けやすいため、カビが生えるなどのトラブルが起こるからです。汗がたくさんついている場所は、霧吹きで少し水分を含ませてタオルで叩いておきましょう。また、汚れている場所は汚れの種類に応じて、応急処置を施します。