最近人気がある着物の特徴について解説

着物と言えば、なんとなく袖の長い華やかな物をイメージする方もいると思います。またお祝いに黒い着物を着ている方を見かけたなと思いだされる方もいると思います。しかし着物に縁のない方は、着物を着ている方がいるな、程度の認識になると思いますが、実は着物にも多くの種類があり、TPOがあります。当然季節に合わせた生地や柄があり、組み合わせもあります。普段着で着物を着ているだけなら、特に決まりはなく、洋装と同じで好きなように着ることはもちろん可能です。襟にレースをあしらったり、ブーツを着用したり、帯を好きな柄に、少し着崩れていても良いなど、着物を普段から楽しんでいる方の自由な着こなしを見たことがあると思います。しかし正式な場では、正しく着こなすことは礼儀です。葬儀の場で洋装でも和装でも、白のレースをあしらった派手な丈の短い、胸元の開いたようなものは着ないというのが当たり前であることと同じです。

正式な場で着る着物にも種類があります

留袖というと結婚している女性が着る着物と言う印象があると思いますが、結婚している方もしていない方も、礼装となります。留袖や羽織に五カ所、家紋を染め出したものは第一公式礼装となり、親族として出席する結婚式や、大げさにいえば、宮中への叙勲式にさえ着ていくことができるものとなります。同じ結婚式でも黒留袖を着ることができるのは、新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性ですので、友人の結婚式に黒留袖はTPOに反します。また色留袖も一つ紋や三つ紋は、結婚式の主賓や、親族の女性、茶会やパーティーに着ていくことができます。では、さきほどから結婚式に着物を着て行けるのは親族の方か主賓でしかないのかと言えば、そうではなく、招待された女性が着るものに、振袖、訪問着、付下げがあります。

堅苦しくなく着ることができる着物もあります

正式な場でしか着られない着物とは別に、普段着の感覚で着る着物は、小紋、紬があります。小紋は少し良いワンピースという感覚で着ることができる着物です。留袖や色留袖は柄が裾にある裾模様、振袖や訪問着は方や裾、袖に繋がった文様のある華やかなものですが、小紋は繰り返しの柄が全体にあるものですから見ればわかります。ただ江戸小紋や加賀小紋と呼ばれ、1つ紋を着ければ格があがり、お洒落着ではなく、色無地のような略礼装になります。そして普段着として着るものを紬といいます。これも訪問着形態の物も出ているため、パーティーなどで見ることもあると思いますが、着物が好きな方の普段着という位置が正しいと思います。そして浴衣ですが、これは実は寝間着でもあります。旅館などで着用することもあると思います。その浴衣の下に襦袢など和装用の下着を着て、足袋をはくことで普段着、お祭りのときの服装となります。