オリジナルタオルはどんな場面で活用できるか

アーティストなどのコンサートではよく見かけるオリジナルタオルですが、最近ではアーティストや芸能人だけでなくてもあらゆる場面で活用されるようになりました。例えば、学生が仲の良いグループで自分たちだけのオリジナルタオルを作り、体育祭などのイベントで持つことでさらに楽しむことができます。またスポーツのチームでオリジナルタオルを作成する人たちも増えています。チームの名前やロゴなどが入ったタオルを持つことでチームに統一感を持たせることができる他、モチベーションを上げる役割としても活躍します。他にはアーティストのコンサートに行く際に好きなメンバーの名前やメッセージをかいたオリジナルタオルを持つ人もいます。オリジナルタオルを持つことでアーティストに気づいてもらえる可能性もあり、コンサート中に汗もしっかりとふき取れるので非常に便利です。

企業でも活用できるオリジナルタオルとは

オリジナルタオルは企業においても活用方法はさまざまです。商品に関するイベントなどを行う場合においてもオリジナルタオルを作り、宣伝活動の一部として活用することが可能です。またイベントだけでなく商品やその企業にまつわる記念品として作成する場合もあります。企業で作成する場合、販売するよりも宣伝活動など無料で配布することも多いため、そこのコスト面をできる限り抑えたいものです。タオルと聞くと首からかけるマフラータオルを連想する人も多いですが、オリジナルタオルを作成する場合は必ずしもマフラータオルにこだわらなくてもよいでしょう。特に無料で配布することの多い企業においてはマフラータオルだとコストがかかってしまううえに、かさばるため、ハンドタオルなどコンパクトなものでオリジナルタオルを作成するとよいでしょう。

オリジナルタオルを作成できる業者の選び方とは

オリジナルタオルを作るにあたって重要となるのは、どの業者に依頼するかです。業者によってはイメージしているオリジナルタオルを作成することができないということもあるため、しっかりと打ち合わせしなければなりません。近年では業者がデザインをデータ等でやり取りしてくれる場合が多く、必ずしも近くに店舗がなくても依頼することは可能です。しかしタオルは形や大きさを選ぶことができますが、実際に出来上がってみて、デザインは気に入ったがタオル自体の触り心地が気に入らないといった目で見ただけではわからない部分もあります。そのためよりよいオリジナルタオルを作成したい場合は、実際に見ることが可能な店舗で依頼を行うか、またはサンプルなどを送ってもらうことができる業者に依頼するとよいでしょう。コストを抑えたい場合は全面にプリントを行わず、ロゴを入れることも可能で気軽に作成することができます。