あなただけのオリジナルタオルを作る方法を教えます

1枚から作れるオリジナルタオルを知っていますか?ほしいサイズのタオルに名前や企業名、チーム名を入れたり、好きなイラストを入れたりできます。オリジナルタオルの制作をおこなっている業者はたくさんあり、ネットで注文できて便利です。絵が苦手な方もデザイン素材を使って好きなようにデザインやアレンジができます。文字の大きさも色も自由自在です。タオルの生地選択、デザイン修正、プリント、送料まで含めて見積もりを出してくれます。枚数が多いほど1枚あたりの制作にかかる単価は安くなり、タオルの製法によっても価格は異なります。染料インクジェットプリント、染料スクリーンプリント、顔料スクリーンプリント、ジャガード織、ロゴ刺繍タオルなど、それぞれにお好みの風合い、用途に応じて選ぶことができます。

オリジナルタオルを安く作るためのポイント

オリジナルタオルを作るなら、タオルの品質は大事です。品質にこだわりつつも少しでも安くオーダーしたいなら、ポイントは5つあります。まずはできるだけオーダー枚数を多くすることです。枚数によっては1枚あたり数十円のコストダウンが可能です。次にデザインを自分ですることでデザイン料のコストダウンができます。デザインに慣れていない方も、既存のタオルなどを参考にすれば簡単です。オーダーサイトではテンプレートが用意されている業者もあり、素人でもデザインできます。さらに多色デザインではなく単色デザインにすること、国産ではなく外国産の生地にすること、袋入れなどのラッピングを不要にすることです。不必要と思われる部分を極力カットすることで、コストダウンが実現できます。生地が気になる場合はサンプルを取り寄せるとよいでしょう。

オリジナルタオルの生地選びは用途に合わせて

オリジナルタオルの生地にはいろいろあります。人気のあるものをいくつか挙げてみますと、表も裏も平らになっているフラットジャガードタオルは応援用タオルなどによくつかわれています。また2色の糸で織るジャガードタオルは表裏で反対柄になるものです。タオルの肌触りや吸水性が続く染料プリントタオルや多色デザインが可能なインクジェットプリントタオルは、工程が多いため大量生産には向かないのですが、細かなでデザインができるのでオリジナリティが出しやすいです。最もコストのかからないのはオフセットプリントタオルで、いわゆるお年賀タオルや名入れタオルと呼ばれています。タオルの平らな部分にしかプリントできないのでコストは抑えられます。これらはどれも需要が多いタイプで、オリジナルタオルによく使われています。そのため用途に適したものを選びましょう。