おすすめの着物の選び方を解説します

着物はこれまで「着ることが難しい」、「帯が苦しい」などの理由で、ハードルと高いものだと思われがちでした。しかし、最近では着物女子ともいわれ、日常着として着物を楽しく若い女性が増えてきました。着物には様々な種類があり、TPOに応じてそれぞれ相応しい着物を着用することがマナーになります。最近では、昔ほど厳密ではありませんが、正式な場では特に意識することが大切です。和装には、着物から小物にいたるまで「格」があります。この格が実は着物を難しくしている原因にもなっていると言われていますが、格によってTPOにあった着物の選び方や帯、小物とのコーディネートが決まってくることも確かです。堅苦しいと思われがちですが、TPOにあった着物を賢く着こなし、着物を楽しむこともよいでしょう。

着物は大きく4種類。TPOに合わせた着物を着ることが大切

着物の種類と格は大きく分けて4種類あり、格が高いものから、「礼装着」、「略礼装着」、「外出着」、「街着・普段着・浴衣」となっています。「礼装着」とは、特別な時や公的な儀式で着るもので、結婚式の花嫁衣裳として打掛、主に新郎新婦の母や親族が着る黒留袖、葬儀などで着る黒紋付があります。「略礼装着」とは、礼装着に次ぐ格のもので、華やかさもあり入学式や披露宴などに用いられます。色留め袖は地色が黒以外の裾模様の着物で、婚礼では未婚の姉妹や親族が着用します。「外出着」は少し格のあるものから、趣味として楽しめるものまで一番応用範囲の多い着物であり、TPOに合わせ微妙な調整ができます。「街着・普段着・浴衣」はちょっとした外出などに適していて、浴衣はもっともカジュアルで、夏のくつろいだよそおいの着物といわれています。このように、いろいろな種類がありますが、TPOに合わせた着物をきることが大切になってきます。

季節に合わせた正しい着物の選び方

着物には季節によって、仕立てや柄、色合いに違いがあります。春には、桃や桜、牡丹などの柄の着物を選ぶとよいでしょう。この時期は袷と呼ばれる、生地を2枚縫い合わせた裏地のある着物がお勧めです。夏には、絽や紗と呼ばれる透け感があるように織られている絹のものや、薄単衣を選ぶとよいでしょう。また、紫陽花や朝顔など夏を連想させる柄が適しているといえます。秋には、春と同様に袷を着用するとよいでしょう。紅葉や桔梗など秋の草花の柄を取り入れ、茶や深みのある赤などの色を選び、温かみのあるものを選ぶとよいでしょう。冬には、春秋と同様に袷を着用しインナーを重ねたり、アウターを活用したりするとよいでしょう。菊や南天、松竹梅などの柄を取り入れるとよいでしょう。2月くらいには、水仙、椿などの柄を選び、少し春を意識させるような柄を選ぶのもお勧めです。このように、着物を選ぶ際には季節も考えて選ぶ必要があると言えます。

お友達紹介をしていただいて、ご紹介いただいた方が当社をご利用になった場合、紹介した方とされた方にプリペイドカードをプレゼントしています。 着物の種類や季節、お召しになる日等、様々な視点からお客様に似合うお着物を往復送料無料でレンタルをしております。 様々なシーンに対応できるように、種類を豊富に取り揃えており、キャンペーンでは最大20%の割引を受けられます。 着物の連絡なら「着物レンタル365」がおすすめです